• ホーム
  • 生理痛とメチルアルコールと値段について

生理痛とメチルアルコールと値段について

有機溶媒で用いられるアルコールのひとつが、メチルアルコールです。
メチルアルコールの匂いは、エチルアルコールにも似ています。
メチルアルコールはアルコールランプの燃料とか、ホルマリンの減量などにも使用されます。
科学用途としては、接着剤やフェノール樹脂などの、合成原料でもあります。

生理痛の時には、市販の鎮痛剤を購入することもあるでしょう。
市販薬の値段は、1000円もしないで購入できる鎮痛剤が、いくつも販売されています。
ボックスサイズが大きい薬になれば、それだけお薬の個数も多いため、値段もあがります。
生理痛の時には市販薬を服用することもありますが、医療機関で処方される医薬品を服用するケースもあります。
生理痛の悩みに服用する、病院で処方される医薬品では、低用量ピルがポピュラーです。

低用量ピルの値段は、だいたい2000円前後から3000円といったところでしょう。
低用量ピルはドラッグストアなどで市販されている薬とは異なり、必ず医師の処方が必要になる薬です。
そのため低用量ピルを入手するときには、ピルの代金の他にも、初診料や再診療などの費用も発生することを知っておきましょう。
ただしピルを購入する時間がないなどといった人は海外の業者から個人輸入という形で比較的安価で入手することもできます。
低用量ビルの服用によって、辛い生理痛の痛みを和らげたり、生理周期も順調にするなどの効果も期待ができます。

生理に関してだけではなく、低用量を使用することで、女性が自分でできる避妊対策としても有効なものです。
飲み始めの頃に、多少の軽い吐き気を感じるかもしれませんが、次第に体は慣れて行きます。
生理の出血量も軽くなって、痛みもだいぶ軽減されることになります。
生理の悩みだけではなく、ニキビなどの肌荒れの改善にも役立つと言われています。